Pocket

セイケ事務所の法人設立(株式会社・合同会社)サービス~せっかく作った自分の会社が「将来お金のことで困らない」ようにするためには?

 

 

こんにちは行政書士で創業支援アドバイザーのセイケと申します。

 

さて今あなたは「法人成り」や「新規開業」などで法人設立をお考えで、自分で会社を作るためにいろんな情報をネットで探しているところだと思います。

 

もちろんそれは初期投資で会社設立にかかる費用をできるだけ安く済ませたいという考えもあってのことと思います。

 

でもちょっとお待ちください。それは場合によっては大きな危険をはらんでいるといえますそれはなぜなのか少しだけ私の話を聞いてほしいと思います

 

 

 

もちろん依頼する側にしてみれば格安な料金で会社を作ってくれるサービスがあれば、それに越したことはないと思います。

 

また、自分ひとりで会社を作る場合でも、自分ですべてやることで安く済むのであれば、自分で手続きをやろうと考えるのは当然だと思います。

 

 

 

ただしかし実はこれには思わぬ「落とし穴」があるかもしれないのです。

 

というのは、った会社の「身」によってはそのあとにいろんな問題が生じてくるかもしれないからです。それはいったいどういうことでしょうか?

 

 

会社を作ってからではもう遅い!?「会社の作り方」が原因で「融資」を断られてしまった!?

 

 

たとえばあなたが自分ひとりで会社を作り、経営するようになったとき、あるときこのままだとお金が底をつきそうだ、という会社最大のピンチに陥ったときはどうしますか?

 

ほとんどの場合、日本政策金融公庫などの金融機関に融資を申し込みに行くと思いますが、そのとき「会社の作り方」によっては

 

「これではお金を貸せません!」

 

といって断られる場合があるのです。それはどうしてだか皆さんはわかりますか?

 

万一そうなった場合、思ったような資金調達ができなくなる可能性が出てきて、最悪事業継続ができなくなるとも限らないのですそうしたことは何としても避けなくてはいけません

 

 

 

それ以外にも取引先との商談においても、あなたの会社を見て相手側から「これでは取引できない」と言われたりする可能性だってあります。それはやはり会社設立時に将来のことを考えず闇雲に会社を作ってしまったことが原因であることも十分考えられます。

 

 

 

もちろんそれがすべての原因というわけではありませんが、会社設立というのは実はそれだけ大切な作業だと考えます。そんなことは全然気にしないというのであれば自分ひとりで会社を作っていただくのも結構かと思います。

 

しかし会社経営は常に「山あり谷あり」です。いざというときにお金が借りられなくなるという事態は絶対に避けなければいけません。

 

そのためにはまず会社設立のときから将来のことを見据えた会社作りをしておかないといけないと思います

 

 

「資金繰り」のことを考えた会社作りは何より大事!

 

 

法人成り、新規法人設立にかかわらず、株式会社や合同会社などの法人を作るからにはしっかりと事業を発展させなければなりません

 

せっかく作った会社だから長続きさせたいですよね。

 

そこでこれから会社を長続きさせるために会社設立時からしっかり考えておきたいのが資金繰り(キャッシュフロー)」です

 

 

 

会社というのはたとえ黒字であっても「お金が回らなければ」そこで終わってしまいます。そこで日々の記帳や財務分析をしっかり行うことで「お金を回す」ことが大事なのです

 

しかし事業経営というのは、いつ何時状況が悪化してお金が回らないようになるかわかりません。まさかと思ったときは手遅れになることが多いのです。

 

そのためにいつでも資金調達できるよう事前にしっかりリスクヘッジするのが経営者の役目だと思います

 

 

会社設立手続きは、一人でやるよりも「信頼できる」会社設立サービスに頼んだ方が絶対に安心でしかも経済的です。

 

 

このように会社の将来まで見据えたうえで考えるのであれば、やはり多少お金はかかってでも専門家にアドバイスを受けたうえで会社設立をするということは考えてみてもいいかと思います

 

その点、会社設立手続きをプロの事務所にお任せいただいた場合、自分でやるのとほぼ同じ値段で次のようなメリットが得られます

 

 

会社の設立手続きに必要な定款などの書類作成は、行政書士事務所で「会社法務専門15年」の実績を持つプロにお任せください!

 

また公証人役場での定款の認証についてもこちらで代行しますので、忙しいあなたに時間や手間を取らせることはありません。

 

もちろん設立後のサポートについてもしっかり行ってまいります。

 

 

 

一方で、会社設立を自分ひとりでやるとどうしても次のようなデメリットが出てきます。

 

 

これから事業を始めるにあたり、ここで時間と手間をかけることは大きなロスにつながります。やはりこうした手続きについては専門的知識を有したプロにお任せするという判断も必要だと思います。

 

 

以上のメリット、デメリットを考えると、たとえ報酬金額を払ったとしても「安心」と「手間・時間」を買うと思えば、けっして高い買い物ではないように思います。その点で「費用対効果」を考えると、専門家に依頼を検討してみる価値は十分にあるといえます。

 

セイケ事務所では、会社設立専門の行政書士として15年間続けてきたノウハウを駆使して、単に「会社を作るだけ」のサービスではなく、お客様の会社が「将来お金に困らない」ような制度設計を考えて、お客様の意見もしっかり伺ったうえで会社設立手続きを進めてまいります。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お申し込み・お問い合わせは、こちらへどうぞ

 

Pocket