Pocket

いま「ひとりで会社を作ろう」とお考えの方へ。

会社設立手続きを「安く済ませたい・・・」

でも「会社設立サービス選び」は本当に重要です!

 

 

行政書士で創業支援アドバイザーのセイケと申します。

 

さて今あなたは「法人成り」や「新規開業」などで法人設立をお考えで、自分で会社を作るためにいろんな情報をネットで探したり、格安で会社を設立してくれるサービスを探したりしていたところだったと思います。

 

もちろんそれは会社設立にかかる費用を安く済ませたいという考えもあったからだと思います。

 

でもちょっとお待ちください。それは場合によっては大きな危険をはらんでいるといえますそれはなぜなのか少しだけ私の話を聞いてほしいと思います。

 

 

 

もちろん依頼する側にしてみれば格安なサービス料金で会社を作ってくれるのであれば、それに越したことはないと思いますし、自分一人で会社を作る場合でも、自分ですべてすることで安く済むのであれば、自分で手続きをやろうと考えるのは当然だと思います。

 

ただしかし実はこれには思わぬ「落とし穴」があるかもしれないというのを知ってほしいのです。というのは、った会社の「身」によってはそのあとにいろんな問題が生じてくるかもしれないからです

 

 

会社を作ってからではもう遅い!?会社を設立したあとに「会社の作り方」が原因で「融資」を断られてしまった!?

 

 

たとえばあなたが経営者として会社を経営していて、あるときこのままだとお金が底をつきそうだ、というときはどうしますか?

 

ほとんどの場合、銀行や信用金庫などの金融機関に融資を申し込みに行くと思いますが、そのとき「会社の作り方」によっては

 

「これではお金を貸せません!」

 

といって断られる場合があるのです。さらに創業融資や助成金・補助金を受けるときも同様に、これでは申込みできないと受け付けてもらえない場合があるのです

 

 

 

万一そうなった場合、思ったような資金調達ができなくなる可能性が出てきて、最悪事業継続ができなくなるとも限らないのですそうしたことは何としても避けなくてはいけません

 

それ以外にも取引先との商談においても、あなたの会社を見て相手側から「これでは取引できない」と言われたりする可能性だってあります。それはやはり会社設立時に将来のことを考えず闇雲に会社を作ってしまったことが原因であることも十分考えられます。

 

 

 

もちろんそれがすべての原因というわけではありませんが、会社設立というのは実はそれだけ大切な作業だと考えます。そんなことは全然気にしないというのであれば自分ひとりで会社を作っていただくのも結構かと思います。

 

しかし会社経営は常に「山あり谷あり」です。いざというときにお金が借りられなくなるという事態は絶対に避けなければいけません。そのためにはまず会社設立のときから将来のことを見据えた会社作りをしておかないといけないと思います

 

まずはこちらのレポートに詳しいことが書かれてありますので、ぜひダウンロードして読んでみてほしいと思います。

 

 

 

「資金繰り」のことを考えた会社作りは何より大事!

 

 

法人成り、新規法人設立にかかわらず、株式会社や合同会社などの法人を作るからにはしっかりと事業を発展させなければなりません。せっかく作った会社だから長続きさせたいですよね。

 

そこでこれから会社を長続きさせるために会社設立時からしっかり考えておきたいのが資金繰り(キャッシュフロー)」です

 

 

 

会社というのはたとえ黒字であっても「お金が回らなければ」そこで終わってしまいます。そこで日々の経理や財務活動をしっかり行うことで「お金を回す」ことが大事なのです

 

しかし事業経営というのは、いつ何時状況が悪化してお金が回らないようになるかわかりません。まさかと思ったときは手遅れになることが多いのです。そのためにいつでも資金調達できるよう事前にしっかりリスクヘッジするのが経営者の役目だと思います

 

このように会社の将来まで見据えたうえで考えるのであれば、やはり多少お金はかかってでも専門家にアドバイスを受けたうえで会社設立をするということも考えてみてもいいかと思います

 

 

会社設立は、一人でやるよりも「信頼できる」会社設立サービスに頼んだ方が絶対に安心でしかも経済的です。

 

 

そのほか、会社設立を自分一人でやるとどうしても次のようなことが起こりえます。

 

・自分で定款を作成したり、会社設立手続きをひとりで一からやろうとすると結構な時間と手間がかかる

・自分で作った会社の制度設計では、将来金融機関からお金が借りられないことも考えられる。

電子定款にすることで節約できる収入印紙代4万円分を安くすることができない。

・いろいろ相談したいことがあっても、その都度あちこちに出向かなくてはならない。

 

これから事業を始めるにあたり、ここで大きな時間と手間をかけることは大きなロスにつながります。やはりこうした手続きについては専門的知識を有したプロにお任せするという判断も必要だと思います。

 

 

その点、会社設立手続きを、プロの事務所にお任せいただいた場合、自分でやるのとほぼ同じ値段で次のようなメリットが得られます

 

メリットその1、会社設立のプロが「将来お金に困らない」会社の形をアドバイスします。

メリットその2、会社設立と同時に創業をお考えの方は「創業支援プラン」でさらにお得にあなたの創業をサポートします。

メリットその3、「許認可取得」「資金調達」「財務分析」「マーケティング」など、経営に関するさまざまな相談が受けられます。

メリットその4、税理士や司法書士、社会保険労務士などの他士業とも連携を取っているので、あらゆる問題にも対応可能です。

メリットその5、資金調達や新規の補助金スタートなど、事業経営に役立ついろんな情報が手に入ります

 

つまり設立後のサポートについてもしっかり行ってまいります

 

 

 

以上のメリットを考えると、報酬金額を払ったとしても「安心」と「手間や時間」を買うと思えば、けっして高い買い物ではないように思います。その点で「費用対効果」を考えると、専門家に依頼を検討してみる価値は十分にあるといえます。

 

 

 

 

Pocket