小さい会社やお店が、創業してすぐに継続して売り上げを出すための集客方法(4)~集客して「見込み客」を呼び込む~

2020年04月12日


Pocket

こんにちは行政書士で創業支援アドバイザーのセイケです。

 

さて、前回はお客様をフォローするための下準備をすることについてお話しさせていただきました。お客様をフォローする下準備が整ったら、いよいよ具体的にお客様を呼び込む「集客」をしていきます。

 

まず集客についてはリアル、ネットを問わずいろんな方法があります。ただ小さい会社やお店の場合、リアル集客にしてもネット集客にしても闇雲にお客様さえ集めればよいというものではありません。

 

 

 

たとえば新規開店したお店で集客する場合、来店していただいた方に商品券などをプレゼントして集客しても、その時だけは集客効果はありますが、プレゼント目当てのお客様だけが集まるだけで、将来的に自分のお客様となることは少ないといったことがあります。

 

これだとお金をかける割には将来有望なお客様が集まらないというまさに「労多くして功少なし」となるわけで、あくまで自分のお客様になりそうなターゲットの方に対してしっかりオファーをしていくことが大事だということです。

 

では具体的にはネットとリアルだとどのように集客していけばいいのでしょうか?

 

 

主にインターネットを使って集客をしようとする場合は?

 

 

ネットでの集客は「アクセス数を集める」ということになります。このときに考えるべき手段はリスティング広告だと思います。

 

リスティング広告とはGoogleやヤフーなどの検索エンジンで検索してきたときに検索結果の周りに登場するあの広告のことです。

 

 

 

これは自分が狙うキーワードについて1クリックいくらまでなら出せるといったように入札する方式をとっています。

 

当然高い金額を提示すればその分一番目立つところに自分の広告が掲載されますが、あまり高い金額で入札しても、それで広告代が回収できないのであれば本末転倒ですのでまずは「1か月の広告にかける予算」を決めてから入札するようにしてください

 

 

 

しかしこれを使うことによって、自分が欲しいと思うキーワードで検索してきたターゲットのお客様に対してダイレクトにアクセスができるというメリットがありますので、自分のHPの検索順位が下の方であっても狙ったターゲットのアクセスを集める手段としては十分通用するものだといえます。

 

もちろんリスティング広告で集めてきたアクセスについては前記事でも言ったようにしっかり「囲い込み」をして見込み客を作ることが大切です

 

そのほかにもTwitterやFacebookなどのSNS広告、メルマガ広告などのネット広告があるので、いろいろやってみて相性のいい広告を使ってみるといいかと思います。

 

 

主にリアルで集客をしようとする場合は?

 

 

この場合はまず自分のお店ができたことを近隣住民の方に知らせることが重要な目的だといえますので、古典的ですがポスティングチラシ新聞の折り込み広告などが有効だと思います。

 

このときにはやはりオープニング記念などと称していろんな無料の販促グッズを用意しておくようにします。なんといっても日本人はタダのものが大好きです(笑)

 

 

 

代表的なものは「粗品」ですが、ふつうにタオルを配ってもあまり効果は出ません。また「商品券をプレゼントする」といったようなこともプレゼント目当ての方を呼ぶだけでお店のPR効果は薄いのでやめましょう。

 

ではどうするのかというと、自分のやっている事業に見合ったものをプレゼントするのです

 

 

 

たとえば花屋さんであれば「鉢植えの小さなお花」や「花の種」なんてのもいいかもしれません。あまり費用がかからないもので、近い将来あなたのお客様となるであろう方がもらってうれしいと思えるものを考えるようにします。そこであなたの経営者としてのセンスが問われます。

 

囲い込みについては、最近は「LINE@」なども有効な活用法ですが、ITにあまり関心がない高齢者を相手にするのであれば、これも古典的ですが自前のポイントカードなどを用意して利用回数によって割引やプレゼントなどを考えたりするのもありかと思います。

 

 

 

大事なことは、ネットでもリアルでも集客は途中でやめたら意味がありません。なのでまずはいろいろやってみて手ごたえを感じたらそこに販促費を集中投下するようにします。

 

このとき費用対効果を知っておくことも大事なので「効果測定」もしておくようにします。そのため最初のうちは広告宣伝費を売り上げの2、3割は使うようにしたいものです。

 

そうすればこの広告を打った時は、これだけのお客様が来てくれてこれだけの売上げが出たというような情報やノウハウも手に入りますので、きちんと効果測定もするようにしてください。

 

 

まとめ

 

 

このようにしてまずはお客様を集めることからはじめます。何事も最初が肝心です。とにかくまずは小さくてもいいから「波紋を起こす」ことはとても大事です

 

上記のほかにもいろんな集客方法がありますので、自分の事業と照らし合わせていろんなことを試してみて手ごたえがあるものを選択すればいいかと思います^^

Pocket