自分の人生を思い描いたものに変える唯一の方法とは?

2019年01月11日


Pocket

私たちの人生を80年と見た場合、私たちには実はたった25億秒しか時間は与えられていません。

 

何もしないまま過ごしていけば何もしないまま人生は終わってしまいます。

 

自分の人生を冷静になって振り返ってみてください。今の自分の生活は本当にそれで満足ですか?

 

実は今ある現状は、すべて自分が望み、そうなると信じ込んできた結果なのです。

 

 

これからの人生を変えるために自分でできることは

 

これは「信念の法則」といって、自分が常に信じていることが無意識のうちにそうなっているというものです。

 

たとえば自分が「日々食べていけるだけの生活が送れればよい」という考え(信念)を持っていたとしたら、まさにその通りになるように行動しているのです。もしかしてみなさんも思い当たる節があるのではないでしょうか?

 

 

もちろんこれは誰のせいでもありません。もし現状に満足していないのであれば今頭の中にある「信念」を上書きして書き換えるしかありません

 

それらをかなえるためにはもう時間がありません。こうしているうちに大切な時間は1秒ずつ消えているのです。

 

それには行動するしか他にないのです。何か自分から行動するということをしなければその先はないのです。

 

思い描く自分の未来像は「紙に書く」こと

 

もし自分の頭の中に自分の思い描くこうなりたいという「自分の未来像」があるのなら、それを実際に紙に書き出してみましょう。

 

そしてそれを壁に貼って毎日朝晩2回口に出してください。

 

「紙に書く」「壁に貼って毎日口に出す」ということは行動に移すことです。

 

人は頭の中だけで思っているだけではなかなか行動するという形にはならないように脳ができているのです。

 

行動心理学では

 

「状態は理性に従うとは限らないが、行動には必ず従う」

 

という言葉があります。これが自分の頭の中の「信念」を書き換える唯一の方法といえるでしょう。

 

まとめ

 

自分の欲しいものはなんですか?思い描いた夢は何ですか?お金、名誉、自由な時間、いろいろあるでしょう。人生はいつでも変えることができるのです。

 

たった一度しかない人生です。もっと自分の人生にぜいたくになってください。

 

Pocket