イチロー選手もやっている!自分の状態をどん底から引き上げていく方法とは?

2019年03月13日


Pocket

経営者にとって日々事業をやっていると落ち込むことはよくありますよね。

 

とくに事業を始めたばかりの経営者にとってみれば、毎日が初めてのことばかりでお客様に怒られたり、売上げが思うように上がらなかったりといろいろ大変なことが続きます。

 

 

 

たとえば個人事業主の方や中小企業の経営者で営業マンのおられない会社は、経営者自身が営業しなければならないケースがあります。

 

ただ営業をしても連続で断られる場合があります。そんなときどうしても気持ちは落ち込んでくるものです。沈んだ状態から営業をしてもなかなか結果は生まれません。

 

 

 

「営業するが断られる」→「へこむ」→「落ち込んだ状態でまた営業に行く」→「また断られる」→「さらにへこむ」・・・この繰り返しです。つまりこの負のスパイラルから抜け出すことがすごく大切だといえます。

 

わたしたちも暗い顔をして営業してくるサラリーマンからあまり物を買いたいとは思いませんよね。ではどのようにすれば気分を上げることができるのでしょうか。

 

気分を上げたいときは、まず「状態を変えること」が一番大事

 

まず気分を上げるためには、いまの「状態」を少しずつ変えていくことから始めます。つまり自分の頭の中の状態を・・・

 

自分は営業ができる」「自分は優れた経営者だ」「自分はトップセールスマンだ」・・・

 

という具合に頭の中をプラスのイメージに埋め尽くしていくのです。そうすることで確実にやる気を引き出すことができます。これはいったいどういうことでしょうか?

 

 

 

これは私たち人間の脳の仕組みを考えればお分かりいただけると思います。

 

たとえば人間の脳を「ペットボトル」とした場合、この中に水が入っているとして、そこに延々とコーヒーを流し込んでいけば、しまいには中の水はコーヒーに変わってしまいます

 

このようにして、今までマイナスのイメージで埋め尽くされていた頭の中をプラスのイメージをどんどん入れることでしだいに頭の中身がプラスのイメージで支配されるようになるのです。

 

 

 

しかし常にこういった状態にするためには、ただ単にプラスのことだけを考えるというだけでは不十分です。なぜなら行動が伴っていないからです。

 

脳科学の世界では、このような言葉があります。

 

状態は理性に従うとは限らないが、行動には必ず従う

 

 

 

つまり今の状態を上げるためには、頭の中で考える(理性)だけでは状態は変わらないということを知っておかなくてはなりません。

 

今の状態ではよくない、変わりたいとずっと頭の中では思いつづけていても、結局今の落ち込んだ状態からは脱却できないというわけです。そこで必要となるのが行動なのです。

 

「状態」と「行動」は常に一致させるようにする

 

しかし行動するといっても、いったい何をすればよいのでしょうか。でも決してむずかしいことをするのではありません。

 

その方法とは「過去の成功体験をいっぱい集める」ことです。ここで今までの人生の成功体験が生きてきます。

 

 

 

まずご自身の今まで生きてきた中での「過去の成功体験」を棚卸して、紙やノートに書いてみてください。このとき気分を上げるために「笑いながら」行うのが効果的です。

 

「大学入試に合格した」「上司から褒められた」「美術の展覧会に出品して入賞した」「付き合ってくださいと申し込んだらO.Kをもらった」など今まで生きてきた中で「自分が最高だと思える過去の成功体験」というのは意外とたくさんあると思います。

 

 

 

するとそのときの状態はどうでしょうか。今自分がすごく「成功した」気分になっていませんか?つまりこうすることで気分が高まっていることを感じることができると思います。

 

そして次に、この「成功体験」を毎日目に見える場所に貼っておいたり、手帳に記入しておいたりして常に見られるような状態にします

 

この「成功体験を紙に書く」「それをいつも目にする」という一連の「行動」をするだけでなんと不思議なことにだんだん状態が上がっていくのです。

 

 

 

先ほどの営業の例でいうと、たとえばトップセールスの方たちは「お客様から頂いたお礼の言葉」をメモ帳に書いていつでも見られるようにしておく、といったことを実践しているそうです。

 

自分なりの最高の気分になれるルーティンの行動を持っておくことで、状態と行動を一致させるのです。

 

そうすることで、あなたの頭の中では「自分は成功者だ!」と思えるようになって、状態も上がって結果的に最高のパフォーマンスを引き出すことができるのです。

 

まとめ

 

イチロー選手が打席に立ったときに行うあの一連の動作は「プリショット・ルーティン」といって、常に自分がヒットを打ったときのイメージを引き出すために行っています。

 

このように成功者は自分独自の「アゲ方」をそれぞれ持っているのですね。どうでしょうか?これだったらお金も手間もかけず簡単にできますから、やらない手はありませんね。

 

行動することが状態を上げる唯一の方法だというのが、理にかなっているということがお分かりいただけましたか?状態と行動を一致させることであなたの人生を成功に導くことができます。ぜひやってみてください。

Pocket